後期研修医募集

熊本県内のすべての病院と診療協力を行っております

新入局員挨拶

濱崎博一

濱崎 博一 HAMASAKI HIROKAZU

こんにちは。令和3年度に呼吸器外科に入局しました 濱崎 博一と申します。
私は、熊本大学医学部を卒業し、初期臨床研修は熊本大学の研修プログラムで、前半の1年間は公立玉名中央病院、後半の1年間は熊本大学病院での研修を行いました。研修医時代には、どの科も回ってみると興味深く、はっきりと今後の診療科を1つに絞れずにいました。その後、外科専門研修プログラムという、最短3年間で外科専門医を取得できるプログラムに入りました。これは主に消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科・乳腺外科・小児外科が含まれており、そのうちのどの科に入局するというのを決定していない場合でも修練開始可能です。ただ実際の状況としては、修練開始前から、どこか1つの科に入局することを決定して、その科を中心に3年間トレーニングし、1-2ヶ月程度で他科を回り、外科専門医取得に必要な症例数を得るというのが、ほとんどと思います。私は、この外科プログラムに属しましたが、呼吸器外科に最初から入局を決定していたわけではありませんでした。入局はしなくても、プログラムの決まり事として、どこか1つの科とよく連絡を取り合うことになるのですが、私の場合はそれが呼吸器外科でした。入局が決定していない状態でも、執刀の機会を与えてもらい、いろいろと指導してもらうことができました。
その後、外科プログラムの3年目が終了して呼吸器外科に入局する形となりました。最終的に呼吸器外科に入局したいと思ったのは、呼吸器外科領域の疾患に触れていく中で興味が大きくなり、とてもやり甲斐があると感じたこと、医局の雰囲気も暖かく、やりたいことをやるという自由な感じが強く、後輩への指導も熱心であり、今後もこのような環境で働けたらなと感じたからです。また、外科の中では比較的、自分や家庭の時間を大事にすることができるというのも特徴かと思います。
私は現在、初期研修終了後、3年間の外科専門研修プログラムを終え、熊本中央病院に勤務しています。以前の自分と比べて少しずつでも進歩していけたらと考えています。
私もそうでしたが、今後、外科系には行きたいけれど入局先がまだはっきり決まらないという方も、当科に相談してもらえると、とても柔軟な対応が可能かと思います。いつでもお気軽にご連絡ください。みなさんと一緒に働ける日をとても楽しみにしています。

勤務先 所属学会など
平成28年 熊本大学卒業
1~2年目 初期研修医(公立玉名中央病院、熊本大学)
3年目 熊本赤十字病院外科
4年目 熊本大学病院 呼吸器外科
5年目 熊本総合病院 外科/呼吸器外科
6年目 熊本中央病院 呼吸器外科

国内留学便り

西 航 Nishi Wataru(平成26年卒)

熊本大学大学院の博士課程4年生の西 航と申します。2019年7月より東京医科大学免疫学分野に依託研究生として国内留学させていただいています。
東京医科大学は少し歩けば日本一の繁華街が拡がる大都会新宿にあり、立地として申し分ありません。残念ながらこれを書いている2021年4月時点ではコロナ禍のため、なかなか遊びに出たりはできませんが、それでも都会の雰囲気を存分に感じることができています。都会といえば、熊本で育った自分としては満員電車には最初苦労しました。現在は慣れ、人混みをかき分けて進む能力を手に入れました。
この留学までは手術と病棟管理を中心とした日々でしたので、最初は臨床から離れることに不安がありましたが、すぐに研究が楽しくなり現在は大変充実した毎日を送っております。これはよく言われていることかもしれませんが、これから長く続くであろう外科医人生なので一生懸命基礎研究に没頭する期間があってもいいのではと私も思います。
研究の内容としましては、トランスレーショナルリサーチの観点から免疫チェックポイント分子とその阻害剤について主にイメージングを利用した研究を行っています。この特殊なイメージング法をできる施設は日本にもおそらく数えるほどしか存在せず、visualに訴えるようなデータを示すことができる点が、とても面白く感じています。横須賀忠教授をはじめ研究室の先生方は、教科書的な免疫学の基礎知識から多種多様な実験手法、解析方法まで、疑問に思うことはいつでも質問しやすい雰囲気で、優しく丁寧かつ正確に指導してくださいます。
熊本大学呼吸器外科の医局の後輩が、夏からこの研究室に仲間入りしてくれることも決まりましたので、まずはきっちりと自分が結果を出さなければ、と責任も感じています。最後になりますが、離れた地での留学をご快諾くださいました鈴木実教授をはじめとする医局の先生方には感謝の気持ちしかありません。研究が終わり、熊本に帰った折にはどんな形であれ還元できるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。