教室紹介

熊本県内のすべての病院と診療協力を行っております

教授挨拶

 呼吸器外科が診療する疾患は、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、自然気胸などがあります。その中で最も重要な疾患は当科手術症例の約60%を占める肺がんです。日本人がその一生涯で2人に1人ががんに罹患し、日本人3人に1人はがんで亡くなります。肺がんは年間約13万人が罹患し、年間約7万8千人が死亡する、がんの中では最も死亡者数が多い疾患となっています。肺がんの治療は、手術の他にも抗がん剤、分子標的治療、放射線治療などがありますが、臨床病期I-II期とIII期の一部の症例で最も効果的な治療は手術です。熊本大学呼吸器外科では、早期症例に対する完全胸腔鏡手術から局所進展肺がんに対する拡大手術等、オールラウンドな治療を行っており、手術症例も年々増えています。
 呼吸器外科手術症例は全国的に見ても、当科でも、年々増加傾向にあります。特に2017年1年間では、呼吸器外科手術症例が364件、肺癌手術症例が223件と、初めて肺癌手術件数が200件を超えました。そのような状況に対して、平成22年からは、当科に新しいメンバーが毎年1~3人加わっています。彼らの将来が楽しみであり、また教育機関としての重責をひしひしと感じるところでもあります。

 基礎系分野と連携しながら、研究も積極的に行っております。たとえば肺がんの外科治療、抗がん剤・分子標的治療薬など分子生物学的研究の必要な内科治療などは、まだまだ伸びしろのある領域であり、また発展が必要な領域でもあります。臨床研究では、JCOG、WJOG、LOGIKなどの多施設共同研究の施設となっており、より良い治療法(または将来の標準治療)の探求に協力しています。
 熊本大学旧第一外科、旧第二外科の呼吸器外科グループの諸先輩方のご尽力から引き継がれた呼吸器外科です。皆様のご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げますとともに、熊本の皆様に安全かつ適切な医療を提供出来るよう努力する所存であります。

平成30年4月 鈴木実

熊本大学呼吸器外科では

 熊本大学呼吸器外科では、原発性肺癌、悪性胸膜中皮腫、転移性肺腫瘍、胸腺腫などの悪性疾患に対する手術、自然気胸やその他の呼吸器疾患に対する外科治療を行っております。
2004年に熊本大学第一外科、第二外科より呼吸器外科学教室として熊本県の肺癌診療を引き継ぎました。手術症例数は年々増加し2013年には全身麻酔下手術は295例と全国でもトップクラスの症例数を誇ります。
また、90%の症例で胸腔鏡下手術を行っております。手術での創を出来るだけ小さくすることで、術後の疼痛を減らし、回復を早めることが出来るため、患者様の早期の社会復帰を可能にしております。呼吸器外科・内科が連携を取りつつ放射線科、病理部を含めて集学的治療のチーム医療を行っております。

手術数

手術数のグラフ 2017年

関連病院について

熊本赤十字病院 熊本市民病院 熊本中央病院 熊本労災病院
国立病院機構熊本再春荘病院 国立病院機構熊本南病院
国立病院機構南九州病院(鹿児島県) 済生会熊本病院
玉名中央病院 人吉医療センター

熊本大学呼吸器外科学教室は、熊本県内外の各関連病院との診療協力・研究を行っております。平成27年現在、上記病院において当科同門医師により診療・手術を行っております。また、熊本県内のすべての病院と診療協力を行っております。

スタッフ紹介